コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘在列 たちばなの ありつら

2件 の用語解説(橘在列の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橘在列 たちばなの-ありつら

?-? 平安時代中期の官吏,漢詩人。
文章(もんじょう)院に入学し才識抜群といわれる。門閥に縁がなく,30歳で文章生となったが学業をやめ安芸介(あきのすけ),弾正少弼(しょうひつ)をつとめた。親交をむすんだ源英明(ふさあきら)と「扶桑集」で唱和詩をよんでいる。天慶(てんぎょう)7年に出家。天暦(てんりゃく)7年(953)ごろ60歳余で死去したといわれる。字(あざな)は卿。法号は尊敬。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

橘在列

生年:生没年不詳
平安中期の漢詩人。学生としての字は卿。出家して法名尊敬。秘樹の3男。大学寮に学び才能を称賛されたが,門閥優先の風潮のもと,途中で学業を断念。官途に就き,安芸介,弾正少弼などを歴任し,天慶7(944)年比叡山に登って出家を遂げ,延暦寺に止住した。文人社会の不正を暴露し,身の不遇を訴えた落書(『本朝文粋』『江談抄』)の作者とされるのも,このような経歴からであろう。貴族社会と文人社会との二重の階級制の重圧に苦しみ,信仰に救いを求めた文人の一典型である。弟子の源順が天暦8(954)年家集『沙門敬公集』を編纂したが伝存しない。

(後藤昭雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

橘在列の関連キーワード本田昂斎扶桑集菅家後集鳥山芝軒山山入り紀在昌菅谷帰雲鈴木始卿都在中蓮禅

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone