コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘智正 たちばな ともまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橘智正 たちばな-ともまさ

?-? 江戸時代前期の武士。
対馬(つしま)(長崎県)島主宗義智(よしとし)の家臣。義智の命をうけ,慶長5年(1600)慶長の役で捕虜とされた朝鮮人送還にあたる。以後何度か朝鮮にわたり,国交回復について折衝した。別名に井手弥六左衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

橘智正の関連キーワード対馬

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android