コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘清子 たちばなの せいし

1件 の用語解説(橘清子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橘清子 たちばなの-せいし

?-? 平安時代中期の女官。
三条天皇の乳母。藤原道隆(みちたか)との間に好親と娘を,藤原道頼(みちより)との間に娘をもうける。寛弘(かんこう)8年(1011)三条天皇即位の際,褰帳命婦(けんちょうのみょうぶ)をつとめ,正三位にすすむ。天皇の死に際して号泣し悲嘆にくれたさまが「栄花物語」にみえる。通称は橘三位。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

橘清子の関連キーワード三条院春日局(2)小馬命婦(2)俊子内親王平貴子藤原基子藤原高子(2)藤原儼子藤原繁子源基子(1)

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone