コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘真都賀 たちばなの まつが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橘真都賀 たちばなの-まつが

?-? 奈良時代の女官。
橘佐為(さい)の4女。橘諸兄(もろえ)の姪(めい)。天平勝宝(てんぴょうしょうほう)9年(757)の橘奈良麻呂の変のあと,姉の古那可智(こなかち)らとともに広岡朝臣の氏姓をさずかったが,橘にもどる。藤原乙麻呂(おとまろ)と結婚,のちその子藤原是公(これきみ)との間に雄友(おとも)らを生んだ。延暦(えんりゃく)5年(786)従三位。尚蔵(くらのかみ)となり後宮の頂点にたち,桓武(かんむ)天皇につかえた。名は麻(真)都我(賀)などとも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

橘真都賀の関連キーワード橘古那可智藤原弟友藤原雄友

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android