コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘真都賀 たちばなの まつが

1件 の用語解説(橘真都賀の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橘真都賀 たちばなの-まつが

?-? 奈良時代の女官。
橘佐為(さい)の4女。橘諸兄(もろえ)の姪(めい)。天平勝宝(てんぴょうしょうほう)9年(757)の橘奈良麻呂の変のあと,姉の古那可智(こなかち)らとともに広岡朝臣の氏姓をさずかったが,橘にもどる。藤原乙麻呂(おとまろ)と結婚,のちその子藤原是公(これきみ)との間に雄友(おとも)らを生んだ。延暦(えんりゃく)5年(786)従三位。尚蔵(くらのかみ)となり後宮の頂点にたち,桓武(かんむ)天皇につかえた。名は麻(真)都我(賀)などとも。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

橘真都賀の関連キーワード薬の女官為奈玉足春日家継女川辺東女島姫橘文成橘佐為藤原祖子藤原長娥子佐為王

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone