コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原乙麻呂 ふじわらの おとまろ

1件 の用語解説(藤原乙麻呂の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原乙麻呂 ふじわらの-おとまろ

?-760 奈良時代の公卿(くぎょう)。
南家藤原武智麻呂(むちまろ)の4男。天平(てんぴょう)9年(737)従五位下となる。越前守(えちぜんのかみ)などをへて,天平勝宝(しょうほう)2年大宰少弐(だざいのしょうに),ついで宇佐八幡の託宣により従三位,大宰帥(そち)に昇進。兄藤原仲麻呂の政権下で武部卿(ぶぶきょう)(兵部卿)をつとめた。天平宝字(ほうじ)4年(7月16日か)死去。名は乙万呂,弟麻呂ともかく。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藤原乙麻呂の関連キーワード圧力シリア難民(2015年)国有林ふくおかFGによる救済策白木―丹生断層緊急保証制度融資大分川ダム阿修羅像民主党代表選新日本製鉄大分製鉄所

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone