機に臨み変に応ずる(読み)きにのぞみへんにおうずる

精選版 日本国語大辞典「機に臨み変に応ずる」の解説

き【機】 に 臨(のぞ)み変(へん)に応(おう)ずる

その、その時に応じて適切に処置をする。臨機応変に行なう。機に応ずる。
読本・椿説弓張月(1807‐11)続「機(キ)に臨(ノゾ)み変(ヘン)に応(オフ)じ、這奴(しゃつ)等が伎倆(たくみ)うらをかくあり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「機に臨み変に応ずる」の解説

のぞへんおうずる

その時、その場に応じて適切な処置をとる。臨機応変。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android