機微(読み)キビ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 かすかなしるし。表面にはあらわれない、微妙なおもむき。幾微。
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉四「人情の機微に立ち入った事を云はれても頓と感じがない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

機微の関連情報