コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 はた

9件 の用語解説(機の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


はた

「織機 (しょっき)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

き【機】

[名]
物事の起こるきっかけ。また、物事をするのによいおり。機会。時機。「を見る」「反撃のを逸する」
物事の大事なところ。かなめ。「を制する」
飛行機。「プロペラ
仏語。仏の教えに触発されて活動を始める精神的能力。教えを受ける人、あるいは修行をする人の能力・素質。機根。
[接尾]助数詞。飛行機を数えるのに用いる。「三編隊」

き【機】[漢字項目]

[音](漢) [訓]はた
学習漢字]4年
〈キ〉
布を織る装置。はた織り機。「機業織機
細かい部品の組み合わせで働く仕掛け。からくり。「機械機関機器印刷機発動機
物事の細かい仕組み・働き。「機構機能無機有機
物事を動かす中心。大切な所。「機軸枢機万機
細かで見えにくい事柄。「機微機密軍機
物事の起こる兆し。きっかけ。「機運機縁機会逸機危機契機好機時機待機転機
心の働き。「機嫌機知機転機敏春機心機動機
飛行機。「機体敵機僚機旅客機
〈はた(ばた)〉「機織り棚機
[名のり]のり
[難読]機関(からくり)

はた【機】

織物を織る道具。ふつう、動力化される以前の手機(てばた)をいう。織機(しょっき)。また、それで織った織物。「を織る」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

機【はた】

織物をつくる装置の総称。一般には人力で操作される織機をさすことが多い。原始的な採集狩猟民族の文化では1本の糸で織物をつくる編む技術はあったが,経糸(たていと)と緯糸(よこいと)を交互に織る技術はなかった。
→関連項目宮津

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

はた【機】

織物を作る装置。織る技術は,本質的に編む技術と同一のものであるが,原始的な採集狩猟民の間では,編む技術は広くみられるが織る技術(機)はほとんどみられず,機は単純農耕民の社会にはじめて登場してくる。例えば簡単な道具しかもたない採集狩猟民のピグミーは織る技術は持たないが,1mもの高さの大きな狩猟用の籠を編む。またカリフォルニアインディアン諸族は高度の巻上げ編み技術をもち,精巧で目のつんだ籠を作るほか料理用のつぼ,赤ん坊のゆりかごから屋根や扉に至るまで,通常,木や粘土で作られるものの多くを編んで作ってしまう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

き【機】

[1] ( 名 )
事の起こるきっかけ。機会。機縁。 「 -を失う」
飛行機。 「 -から、降り立つ」 「一番-」
〘仏〙 仏の教えに出会うと、触発されて発動する衆生しゆじようのもつ宗教上の潜在的能力。機根。根機。
( 接尾 )
助数詞。飛行機を数えるのに用いる。 「五-編隊」

はた【機】

布を織る機械。特に、手足で操作するもの。また、その機械で織った布。 「 -を織る」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


はた

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【織物】より

…2本の経糸(たていと)と2越(こし)の緯糸(よこいと∥ぬきいと)という2組の糸の組合せを最低単位とし,織機を用いて作られたある幅と長さをもつ平面の総称。通常は経糸に対し緯糸が直角に交わって布面を構成するが,近年緯糸に対し経糸を左右斜めに走らせて布面を構成する斜織(ななめおり)が考案され,経糸と緯糸の直交という原則はあてはまらなくなった。…

【織機】より

…織物を作る機械の総称。機(はた)ともいう。…

※「機」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

機の関連キーワード一・壱・壹一打ち逸・一・佚・溢・逸一再国方事欠けざら見出づ真し一本木

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

機の関連情報