機情(読み)きじょう

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐じょう ‥ジャウ【機情】

〘名〙 仏語。教法によって発動する衆生の心情のはたらき。衆生のもっている仏性と妄情。
※米沢本沙石集(1283)五末「機情(キジャウ)を守り生熟(しゃうじゅく)をまちて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android