コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教法 キョウホウ

デジタル大辞泉の解説

きょう‐ほう【教法】

(ケウハフ) 物事を教える方法。
(ケウホフ) 《古くは「きょうぼう」とも》仏、特に釈迦(しゃか)の説いた教え。
「釈尊の―を学んで」〈義経記・二〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうほう【教法】

〔歴史的仮名遣い「けうはふ」〕 教え方。
〔歴史的仮名遣い「けうほふ」〕 〘仏〙 〔古くは「きょうぼう」〕 仏の教え。 「四明の-を此の所にひろめ給ひしより/平家 2

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

教法の関連キーワード伝法阿闍梨位汎称・泛称伝持の八祖伝法相承五教十宗仮名遣い真言密教一乗の法正像末縁覚乗開教師自力教三蔵教声聞乗大乗経菩薩乗険害詐妄吽字外法

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

教法の関連情報