教法(読み)キョウホウ

デジタル大辞泉の解説

きょう‐ほう【教法】

(ケウハフ) 物事を教える方法。
(ケウホフ) 《古くは「きょうぼう」とも》仏、特に釈迦(しゃか)の説いた教え。
「釈尊の―を学んで」〈義経記・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうほう【教法】

〔歴史的仮名遣い「けうはふ」〕 教え方。
〔歴史的仮名遣い「けうほふ」〕 〘仏〙 〔古くは「きょうぼう」〕 仏の教え。 「四明の-を此の所にひろめ給ひしより/平家 2

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きょう‐ほう【教法】

〘名〙
[一] (ケウホフ) (古くは「きょうぼう」) 仏語。仏の教え。また、特に、釈迦(しゃか)の説いた教え。
※観智院本三宝絵(984)中「釈尊隠給へれども教法はとどまりたれば」 〔大宝積経‐六〕
[二] (ケウハフ) 教えを説く方法。教え方。教育。また、学問や宗教などの教え。
童子問(1707)中「性学盛則教法衰。教法衰則天下之達道廃」 〔周礼‐地官・郷大夫〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android