教法(読み)キョウホウ

デジタル大辞泉の解説

(ケウハフ) 物事を教える方法。
(ケウホフ) 《古くは「きょうぼう」とも》仏、特に釈迦(しゃか)の説いた教え。
「釈尊の―を学んで」〈義経記・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

歴史的仮名遣いけうはふ 教え方。
歴史的仮名遣いけうほふ 古くはきょうぼう 仏の教え。 四明の-を此の所にひろめ給ひしより/平家 2

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
[一] (ケウホフ) (古くは「きょうぼう」) 仏語。仏の教え。また、特に、釈迦(しゃか)の説いた教え。
※観智院本三宝絵(984)中「釈尊隠給へれども教法はとどまりたれば」 〔大宝積経‐六〕
[二] (ケウハフ) 教えを説く方法。教え方。教育。また、学問や宗教などの教え。
※童子問(1707)中「性学盛則教法衰。教法衰則天下之達道廃」 〔周礼‐地官・郷大夫〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ブルーインパルス

航空自衛隊に所属し華麗なアクロバット飛行(展示飛行)を披露する専門チーム。現在のチームは3代目となり、正式名称は宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」。チーム名の「青い衝撃」の意にちなん...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android