コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

機械様式 きかいようしきmachine style

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

機械様式
きかいようしき
machine style

20世紀初頭の家具の様式。第1次世界大戦以後のヨーロッパでは,ドイツバウハウスオランダデ・ステイルフランスの雑誌『レスプリ・ヌーボー』などが中心になって新しい様式の確立を目指した造形運動が進められていたが,家具のデザインにもそこで開発された幾何学的で単純な造形が取入れられた。これらの家具は,材料に量産のきくスティールフレームカンバスなどが使用されていたので,機械様式と呼ばれた。 1929年ミース・ファン・デル・ローエのデザインした椅子は最も有名な作例。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone