コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

機械様式 きかいようしきmachine style

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

機械様式
きかいようしき
machine style

20世紀初頭の家具の様式。第1次世界大戦以後のヨーロッパでは,ドイツのバウハウスオランダデ・ステイル,フランスの雑誌『レスプリ・ヌーボー』などが中心になって新しい様式の確立を目指した造形運動が進められていたが,家具のデザインにもそこで開発された幾何学的で単純な造形が取入れられた。これらの家具は,材料に量産のきくスティール・フレームやカンバスなどが使用されていたので,機械様式と呼ばれた。 1929年ミース・ファン・デル・ローエのデザインした椅子は最も有名な作例

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android