コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

機関室無人化船 きかんしつむじんかせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

機関室無人化船
きかんしつむじんかせん

自動化船の一つ。船舶の機関室の省力化を徹底したもので,主機,補機を自動化し,機関室の整備,給油,給水などを昼間に行い,夜間は機関員がいなくても運転を続けることのできる船をいう。不測の事態に対処し,警報装置を十分に備えて事故に即応できるほか工業用テレビで機関室の運転を監視しているものもある。この種の船舶に対して,ノルウェー船級協会では EO,ロイド船級協会では UMS,日本海事協会では MOという船級符号が与えられる。日本では 1969年,ジャパンライン (現ナビックスライン) の鉱石兼油槽船『ジャパンマグノリア』が第1号船。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone