橡の実(読み)とちのみ

  • とち
  • の 実(み)

精選版 日本国語大辞典の解説

トチノキの果実。栗(くり)に似ている。さらして苦みを除き、とち餠などにして食べる。《季・秋》
※仮名草子・仁勢物語(1639‐40頃)下「とちのみとて封じたる紙あり。嬉しく開け見れば歌あり。老ひぬれば枝の別れの有と云へば落つる涙はとちのみの如」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android