檜扇菖蒲(読み)ひおうぎあやめ

精選版 日本国語大辞典「檜扇菖蒲」の解説

ひおうぎ‐あやめ ひあふぎ‥【檜扇菖蒲】

〘名〙 アヤメ科多年草。北海道・本州中部以北の高層湿原に生える。花茎は高さ六〇センチメートルに達する。葉は長さ三〇~六〇センチメートルの剣状、基部は紫紅色を帯びる。花茎は一~三の枝を出し、初夏、アヤメに似た紫色の花が咲く。内花被片は長さ約一センチメートルの卵状披針形で開出する。〔日本植物名彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「檜扇菖蒲」の解説

ひおうぎ‐あやめ〔ひあふぎ‐〕【×檜扇菖蒲】

アヤメ科の多年草。中部地方以北の湿地に自生し、高さ約70センチ。葉は剣形で、基部が紫色になる。夏、アヤメに似た紫色の大きい花を開く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「檜扇菖蒲」の解説

檜扇菖蒲 (ヒオウギアヤメ)

学名Iris setosa
植物。アヤメ科の多年草,高山植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android