次官連絡会議(読み)ジカンレンラクカイギ

デジタル大辞泉「次官連絡会議」の解説

じかんれんらく‐かいぎ〔ジクワンレンラククワイギ〕【次官連絡会議】

各府省の事務次官が出席し、毎週金曜日の閣議後に開催される会議内閣官房長官主宰閣議で決定した政策の基本的な方針に沿って各府省庁が連携して施策を進めていくために情報を共有し、重要課題の具体策を検討する。かつての事務次官会議とは異なり、閣議案件の事前調整は行わない。平成24年(2012)12月に自民党政権下で第1回会議が開催された。民主党政権下で行われた各府省連絡会議前身

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android