コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

欧友会 おうゆうかい

大辞林 第三版の解説

おうゆうかい【欧友会】

1907年(明治40)、峰岸正太郎などの結成した欧文植字工の労働組合。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

欧友会
おうゆうかい

明治から大正にかけての活版欧文植字工の職能別労働組合。1907年(明治40)春ごろから峰岸正太郎、古川常次郎らによって組織化が進められ、11月3日に創立大会を開いた。欧友会は当時としては知的水準の高い熟練職工が主で、組合員の共済、福利の増進を推進すると同時に、労資対等の立場から労資協調を掲げて、団体協約の締結を進め、賃金の増額、身分保証を図るなどの活動を行った。機関誌『欧友』(のち『欧工の友』と改題)を発行。11年の東京・築地(つきじ)活版所のストライキを指導したが敗北に終わった。大逆(たいぎゃく)事件の影響もあり、このころより組織が弱体化し、16年(大正5)10月31日の大会で解散を決定し、新たに信友会準備会を組織した。[渡辺悦次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

欧友会の関連キーワード活版工組合水沼 辰夫

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android