コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信友会 しんゆうかい

3件 の用語解説(信友会の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

しんゆうかい【信友会】

1917年(大正6)に結成された東京の活版印刷工の組合。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

百科事典マイペディアの解説

信友会【しんゆうかい】

大正期,東京を中心としたアナルコ・サンディカリスム系の印刷工組合。欧友会(1907年―1916年)解散のあとを受け1917年創立。第1回メーデーの開催,労働組合同盟会の結成などの推進力となり,友愛会と並ぶ労働運動の中心勢力だった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

信友会
しんゆうかい

大正時代の労働組合。1916年(大正5)10月に欧文活版工の組合である欧友会を解散・再組織し、欧文植字工組合信友会として発足(翌年4月発会式)したが、18年1月に全印刷工に加入を呼びかけ活版印刷工組合信友会に改編した。当初は「会員ノ相愛扶助ヲ旨トシ自覚ヲ喚起シ地位ノ向上ヲ図ル」(「規則」)という、労使協調的地点から出発したが、のちには国際労働会議労働者側代表が官選されたため反対運動を行ったのをはじめ、8時間労働制の要求、賃金値上げ要求、あるいは日本初のメーデー開催に奔走するなどの行動をとるようになった。20年ごろにはアナキズムの色彩を強め、サンジカリスト派の中核となる。24年に新聞印刷工組合正進会と合同して東京印刷工組合となった。[成田龍一]
『隅谷三喜男著『日本労働運動史』(1966・有信堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

信友会の関連キーワードTGE-A型 軍用保護自動貨車三菱A型文学革命ニコライチャップリン文学革命青山胤通上条嘉門次志賀直哉フェスカ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone