コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

欧州情報通信戦略 おうしゅうじょうほうつうしんせんりゃく

1件 の用語解説(欧州情報通信戦略の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

欧州情報通信戦略

情報通信分野での世界レベルの競争力をもつ市場構築を目指すEUの情報社会政策。EUは、IT革命に対応するため、情報通信環境の整備と「情報社会」の実現に取り組んできた。ヨーロッパの情報通信産業の成長率は年5%であるが、2桁に上るインドや中国の成長率に及んでいない。情報通信分野での技術革新と研究への投資は不十分で、この分野での雇用・成長に深刻な影響を与えている。EUは、域内の電子通信市場の競争力を向上させるために、2004年10月までに国内の法制化作業を終えた。またEUは、情報社会政策として05年末を期限とした「e‐Europe2005」行動計画を推進しており、新たに05年6月に採択されたイニシアティブ「i2010 (欧州情報化社会2010)」に引き継がれている。

(渡邊啓貴 駐仏日本大使館公使 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

欧州情報通信戦略の関連キーワードコア・ベネフィット・レベル一般製品レベル期待製品レベル情報通信研究機構情報通ハイレベル高度情報通信システム情報ハブエントリーレベル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone