コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

欧州情報通信戦略 おうしゅうじょうほうつうしんせんりゃく

知恵蔵の解説

欧州情報通信戦略

情報通信分野での世界レベルの競争力をもつ市場構築を目指すEUの情報社会政策。EUは、IT革命に対応するため、情報通信環境の整備と「情報社会」の実現に取り組んできた。ヨーロッパの情報通信産業の成長率は年5%であるが、2桁に上るインドや中国の成長率に及んでいない。情報通信分野での技術革新と研究への投資は不十分で、この分野での雇用・成長に深刻な影響を与えている。EUは、域内の電子通信市場の競争力を向上させるために、2004年10月までに国内の法制化作業を終えた。またEUは、情報社会政策として05年末を期限とした「e‐Europe2005」行動計画を推進しており、新たに05年6月に採択されたイニシアティブ「i2010 (欧州情報化社会2010)」に引き継がれている。

(渡邊啓貴 駐仏日本大使館公使 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

欧州情報通信戦略の関連キーワードリスボン戦略

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android