コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

欲求性向 よっきゅうせいこうneed-disposition

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

欲求性向
よっきゅうせいこう
need-disposition

T.パーソンズの行為理論の概念の一つ。彼は,身体的,生理的欲求を示す概念 needと対象へ向う指向性を示す概念 dispositionとを結びつけ,人間の行為が究極的には生物的,生理的エネルギーに根ざしながら,遺伝情報ではなく社会的,文化的情報によって制御されることを説いた。すなわち,社会的,文化的に学習した期待に導かれてさまざまな対象や状態を目指して持続する行動エネルギーが欲求性向である。欲求性向には,行動主体が自己の欲求充足の最適化をはかることにかかわる側面と,規範的基準を満たすことにかかわる側面がある。前者を動機指向,後者を価値指向という。また,さまざまな欲求性向が組織化されたものをパーソナリティ体系という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

欲求性向の関連キーワードパターン変数行為関係枠行為体系

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android