歌は世に連れ世は歌に連れ(読み)うたはよにつれよはうたにつれ

ことわざを知る辞典の解説

歌は世に連れ世は歌に連れ

世間ではやる歌は時代の風潮を受けて変わっていき、間の趨勢も歌の流行によって影響を受ける。

[使用例] それはいわば機械的な中立であって、それではその視座に報道機関の主体性は全然入っていないことになりますから。歌は世につれ、世は歌につれというにすぎません[高橋和巳*白く塗りたる|1970]

[解説] 古い形に「歌は世に連れる」があります。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android