視座(読み)しざ

精選版 日本国語大辞典「視座」の解説

し‐ざ【視座】

〘名〙 知識社会学で、個人が、置かれた状況によって条件づけられた形で、社会に対し、社会を見る視点座標をいう。転じて、一般に、物を見る姿勢、視点。
※白く塗りたる墓(1970)〈高橋和巳〉五「新聞が視座をすえる位置」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android