コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歌川国虎 うたがわ くにとら

美術人名辞典の解説

歌川国虎

幕末の浮世絵師。姓は前田、通称は久米造・繁造、一龍斎・朴年人と号する。初代歌川豊国の門人。浮絵風景画などを能くし、折々師の代作もなしたという。書も能くした。安政頃(1854~1860)歿、60余才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

朝日日本歴史人物事典の解説

歌川国虎

生年:生没年不詳
江戸後期の浮世絵師。俗称前田久米蔵,あるいは繁蔵。一竜斎と号した。初代歌川豊国の門人で,師の晩年は身近に侍して代作も行い,師の没後は兄弟子国貞の代作をも務めたという。生涯自宅を構えず,知人親類宅に寄寓し,安政(1854~60)ごろに60歳余で没した。自身の署名を有する錦絵や挿絵は少ないが,「近江八景」「羅得島湊紅毛船入津之図」などの洋風風景版画に見るべきものがある。<参考文献>坪内逍遥『芝居絵と豊国及其門下』,鈴木重三「豊国」(『浮世絵大系』9巻)

(大久保純一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android