コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歌川 ウタガワ

朝日日本歴史人物事典の解説

歌川

没年:安永5.7.26(1776.9.8)
生年:享保1(1716)
江戸中期の俳人。越前国(福井県)三国町の荒町屋の抱え遊女はせ川であるといわれる。のちに豊田屋吟を名乗って店を経営し,俳諧の道に入る。やがて剃髪して滝谷寺内に小庵を建て滝谷尼と称したらしい。よく旅をし,各地の俳友と交わる。美濃派にとどまらず,蕉風復帰の新運動にも関心を寄せた。<参考文献>石川銀栄子「女流歌川」(『越前俳諧史誌』)

(柴桂子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

うたがわ【歌川】

姓氏の一。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

歌川の関連キーワード歌川国政(2代)歌川豊国(3代)歌川国政(3代)歌川広近(初代)歌川豊国(初代)歌川国政(4代)歌川国貞(2代)豊国(歌川豊国)釈迦八相倭文庫二代歌川貞景一立斎広重河内屋源七五蝶亭貞升梅花亭豊久菊池貴一郎井草孫三郎五蝶亭貞広立川斎国郷五雲亭貞秀月岡芳年

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

歌川の関連情報