コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歌川 ウタガワ

3件 の用語解説(歌川の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日日本歴史人物事典の解説

歌川

没年:安永5.7.26(1776.9.8)
生年:享保1(1716)
江戸中期の俳人。越前国(福井県)三国町の荒町屋の抱え遊女はせ川であるといわれる。のちに豊田屋吟を名乗って店を経営し,俳諧の道に入る。やがて剃髪して滝谷寺内に小庵を建て滝谷尼と称したらしい。よく旅をし,各地の俳友と交わる。美濃派にとどまらず,蕉風復帰の新運動にも関心を寄せた。<参考文献>石川銀栄子「女流歌川」(『越前俳諧史誌』)

(柴桂子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

うたがわ【歌川】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌川の関連キーワード舎羅陸雲子岱久三国節サンドーム福井みさちゃん伊吹東恕内田庸大谷六枳哥川半右衛門

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

歌川の関連情報