コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歌川豊広 うたがわ とよひろ

7件 の用語解説(歌川豊広の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

歌川豊広

江戸後期の浮世絵師。江戸生。姓は岡島、名は藤次郎、号を一柳斎・一龍斎。歌川豊春の高弟で、歌川豊国と共に双壁とうたわれる。安藤広重はその門下。文政11年(1828)歿、56才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

うたがわ‐とよひろ〔うたがは‐〕【歌川豊広】

[1773~1828]江戸後期の浮世絵師。江戸の人。通称、岡島藤次郎。号、一柳斎。豊春の弟子。美人画、草双紙の仇討(あだう)ち物の挿絵を得意とし、肉筆画にもすぐれ、同門の初世豊国とともに歌川派の基礎を固めた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

歌川豊広 うたがわ-とよひろ

?-1830* 江戸時代後期の浮世絵師。
歌川豊春の門下で,初代歌川豊国とならび称された。美人画を得意とし,合巻や読み本などの挿絵もおおくかいた。弟子に初代歌川広重がいる。文政12年12月21日死去。江戸出身。姓は岡島。通称は藤次郎。別号に一柳斎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

歌川豊広

没年:文政12.12.21(1830.1.15)
生年:生年不詳
江戸後期の浮世絵師。岡島氏(『浮世絵師歌川列伝』),江戸生まれで俗称は藤次郎(『増補浮世絵類考』)。歌川豊春の門人で一柳斎と号した。天明8(1788)年の絵暦が確認されるが,しばらくは肉筆画中心に活動したらしく,錦絵や版本挿絵の執筆が本格化するのは寛政(1789~1801)末ごろから。享和(1801~04)から文化(1804~18)前期にかけては,草双紙・読本の挿絵で活躍が目立つが,文化中期以降は急に制作量が減少。初代豊国とは兄弟弟子になり,しばしば並び称されるが,豊国よりも生涯を通じて画風の変化は小さく,また穏健で派手さに欠ける。広重(初代)の師として知られる。<参考文献>鈴木重三「豊国」(『浮世絵大系』9巻)

(大久保純一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

うたがわとよひろ【歌川豊広】

?~1829) 江戸後期の浮世絵師。江戸の人。号は一柳斎。豊春の門人。歌川広重の師。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

歌川豊広
うたがわとよひろ

[生]安永2(1773).江戸
[没]文政12(1829).12.21. 江戸
江戸時代後期の浮世絵師。俗称岡島藤次郎。号は一柳斎。歌川豊春の門人。地味で理知的な美人画を描き,肉筆画を得意とした。合巻,読本の挿絵も多い。門人に歌川広重がいる。主要作品『拳 (けん) 』『江戸八景』。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

歌川豊広
うたがわとよひろ
(?―1829)

江戸後期の浮世絵師。歌川豊春の門人で、俗称を岡島藤次郎といい、一柳斎(いちりゅうさい)の別号がある。豊春門下では歌川豊国とともに双璧(そうへき)とされるものの、作画活動はきわめてじみなものであった。作品は、錦絵(にしきえ)では若干の風景画と美人画が知られる程度の寡作であったが、肉筆画には優品とされるものが少なくない。錦絵では三枚続の『豊国豊広両画十二候』や『南楼名妓(なんろうめいぎ)』、掛物絵の『屋根舟』などが代表作とされている。没年については諸説があったが、文政(ぶんせい)12年12月21日であることが近年明らかとなっている。なお豊広の門からは、風景画の名手、歌川広重が出ている。[永田生慈]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌川豊広の関連キーワード初代歌川国貞鳥居清次藤麿籟堂葛飾北洋菊川派大森善清蒔絵師源三郎正歳《浮世絵師・紫頭巾》

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

歌川豊広の関連情報