歌舞妓事始(読み)かぶきじし

世界大百科事典 第2版の解説

かぶきじし【歌舞妓事始】

歌舞伎の解説書。為永一蝶著。1762年(宝暦12)刊。5巻5冊。内容は歌舞伎の起源をはじめ劇場構造,芝居年中行事,衣装,かつら,舞踊の歌詞と由来,秘伝芸談,役者連名など雑多で,いわば歌舞伎百科事典ともいうべき書。信頼できる記述と荒唐無稽な粉飾記事とが混在し,その間の一線が明確でないため,歌舞伎史の資料としては扱いにくいものとなっている。本文は《日本庶民文化史料集成》第6巻に収録。【武井 協三】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android