コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歌舞妓事始 かぶきじし

世界大百科事典 第2版の解説

かぶきじし【歌舞妓事始】

歌舞伎の解説書。為永一蝶著。1762年(宝暦12)刊。5巻5冊。内容は歌舞伎の起源をはじめ劇場構造,芝居年中行事,衣装,かつら,舞踊の歌詞と由来,秘伝芸談,役者連名など雑多で,いわば歌舞伎百科事典ともいうべき書。信頼できる記述と荒唐無稽な粉飾記事とが混在し,その間の一線が明確でないため,歌舞伎史の資料としては扱いにくいものとなっている。本文は《日本庶民文化史料集成》第6巻に収録。【武井 協三】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

歌舞妓事始の関連キーワード日暮小太夫回り舞台歌舞伎

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android