コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歓楽の家 かんらくのいえThe House of Mirth

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

歓楽の家
かんらくのいえ
The House of Mirth

アメリカの女流作家イーディス・ウォートンの小説。 1905年刊。富裕な男との結婚によってニューヨーク社交界に乗出そうと夢みながら,彼女を利用しようとする男の手にかかり,既婚男性との不倫を噂され,ついには自殺をとげる貧しい美貌の女性リリー・バートを描いて,冷酷な社交界の因襲を諷した作品。富も貧困も同じように人間の向上心を破壊することを示そうとした,と作者は語っている。表題は旧約聖書伝道の書』からの引用。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

歓楽の家の関連キーワードイーディス ウォートン

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android