コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

止炭 とめずみ

大辞林 第三版の解説

とめずみ【止炭】

茶の湯の炭手前で、最後につぐ炭。点炭てんずみ
夜咄よばなしの茶事の際、客の帰るのを引き止めようと、さらに炭をつぐこと。また、その炭。名残の炭。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の止炭の言及

【点前】より

…茶事を前提とした場合,炉中(または風炉中)を下火(したび)の状態にして炭を置く手前は,前席(初座)で行われるのを初炭(しよずみ)と称し,後席(後座)で初炭の火勢が弱まったところへ新たに炭を補充するのが後炭(ごずみ∥のちずみ)である。そのほか現行では,〈夜咄(よばなし)〉の茶事の場合,最後に客を引き止める意味での,留炭(とめずみ)(止炭)がある。この三炭(さんたん)に,2通りの解釈があって,火種となる下火を一炭として数えるか,下火は数えずに,留炭ともに三炭とするかである。…

※「止炭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

止炭の関連キーワード炭手前茶の湯立炭名残夜咄茶事

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android