コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

止血機能のしくみ しけつきのうのしくみ

1件 の用語解説(止血機能のしくみの意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

しけつきのうのしくみ【止血機能のしくみ】

 血管が破れると、血漿(けっしょう)中の血液凝固因子(けつえきぎょうこいんし)と呼ばれる物質がはたらきだし、フィブリン網(もう)(線維素(せんいそ))を形成して、血漿中の血小板(けっしょうばん)と協力して血液を固まらせ、出血を止めるはたらきをします。
 血液凝固因子は、これまでに12種類の物質の存在が確認されていて、Ⅰ~(Ⅵは欠番)までのローマ数字がつけられています。血液凝固因子が欠乏すると、血液の凝固がおこりにくくなり、いったん出血すると止まりにくくなるのです。
 一方、破れた血管部分での血液凝固がどんどん進んでしまうと、血管が完全に閉ざされてしまい、その先に血液が流れなくなります。このような過剰な凝固を抑制する機構もあります。血漿中には血液を固まりにくくし、流動性を保つ凝固阻止因子(そしいんし)と呼ばれる物質と、フィブリン網を溶かす(線維素溶解(せんいそようかい)=線溶(せんよう))プラスミン系が存在し、過剰な血液凝固を抑制するはたらきをしています。
 またこの線溶が亢進(こうしん)してくると、血液凝固を抑制しすぎることになり、いったん出血すると止まりにくくなります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

止血機能のしくみの関連キーワード乾燥血漿血漿血餅代用血漿蜘蛛膜下出血組織液閉鎖血管系微小血管狭心症血管拡張血漿交換

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone