コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正中腹壁ヘルニア せいちゅうふくへきへるにあ

1件 の用語解説(正中腹壁ヘルニアの意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

せいちゅうふくへきへるにあ【正中腹壁ヘルニア】

 臍(へそ)の上の正中線(せいちゅうせん)上にできるヘルニアで、左右の腹直筋(ふくちょくきん)の間の白線と呼ばれる腱膜(けんまく)の小さな孔(あな)からおもに大網(たいもう)が脱出しています。立つと目立ちますが、寝ると消えます。自然に治ることはありません。2~3歳ころ、美容の意味で手術を受けるとよいでしょう。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone