コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大網 たいもうgreater omentum

7件 の用語解説(大網の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大網
たいもう
greater omentum

胃の大彎に始って,横行結腸の前,さらに前腹壁の内面にエプロン状に深く垂れ下がっている腹膜の一部。部位によっては網状になっているのでこの名がある。発生学的には前,後の2葉があり,前葉は胃の大彎で後胃間膜をつくって前腹壁のうしろを垂れ下がり,後葉は続いて後方へ折り返して上方に向い,横行結腸に結合している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

だい‐もう〔‐マウ〕【大網】

胃の下部から垂れて腸の前面を覆う脂肪に富んだ薄い膜。胃腸を保護する。大網膜。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

大網【だいもう】

大網膜とも。胃の大彎(だいわん)から下方にたれ下がる腹膜のひだ。小腸の前面をおおい,前腹壁のすぐ内面にある。多数の血管が分布し脂肪組織に富む。腹腔内の液を吸収し,腸と腹壁の間の詰物になるほか,腹腔内の炎症部位などに癒着(ゆちゃく)してその広がりを防ぐ働きがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおあみ【大網】

大型の漁網または大がかりな網漁をいう。室町時代から江戸時代にかけ,漁業生産が著しく増大し,諸国の特産物として漁獲物が産地化された理由の一つは,各地で大網が考案された結果による。元和(1615‐24)のころ,肥前,長門を中心にブリ,マグロの大敷網(台網)が考案され,やがてそれが越中,能登方面へ伝えられた。また,陸前,陸中方面では江戸時代初期からサケ,マグロの大網(台網)による漁業の発達をみたほか,陸奥ではタラの建網,北海道ではニシン建網,サケの大謀網などがおこなわれた。

だいもう【大網 greater omentum】

大網膜ともいい,胃の前下縁から下方に腹腔内にたれている広い膜で,前垂れのように小腸の集まりを前方からおおい,前腹壁のすぐ後ろにある。もともと前後に重なりあった4枚の腹膜が互いに癒着してできたもので,発生学的には胃の腸間膜すなわち胃間膜の後部がはなはだ変形して生じたものである。子どものときは上述の癒着が十分に起こらず,したがって前後の2葉に分かれて,その間の腔所は胃の後方にある網囊の下方へのつづきをなしている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

だいもう【大網】

胃から腸管の前方に下垂した腹膜の部分。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

世界大百科事典内の大網の言及

【腹膜】より

…胃も腸間膜をもっていて,これは〈胃間膜〉と呼ばれ,これに前腹壁と結合する前胃間膜と,後腹壁と結合する後胃間膜とが区別できる。前後の胃間膜ともかなり複雑な形を呈していて,胃の後方に〈網囊〉と呼ばれる腹膜でかこまれたへやをつくっており,そこから後胃間膜の一部が下方に長くのびて〈大網〉をなしている。大網は発生学的に腹膜が4枚重なり合って生じたものである。…

※「大網」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大網の関連情報