正接法則(読み)せいせつほうそく(英語表記)tangent rule

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

正接法則
せいせつほうそく
tangent rule

平面上の三角形 ABC において,それぞれの内角ABC ,その各対辺を abc とすれば,
が成り立つ。これを正接法則という。球面三角形 ABC においては,
である。これらは対数計算が主流であった時代には重要視されたが現在ではあまり使われない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

法則の辞典の解説

正接法則【tangent rule,law of tangents】

三角形の角をABC,それぞれの対辺を abc としたとき,

が成り立つ.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android