コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正甫 せいほ

2件 の用語解説(正甫の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

正甫

江戸中期の画家。堺生。土佐光起の門人。鶉を巧みに画たと言われている。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

正甫 せいほ

?-? 江戸時代前期-中期の画家。
土佐派。元禄(げんろく)-享保(きょうほう)(1688-1736)のころ大坂で活躍。とくに鶉(うずら)図の名手として大岡春卜(しゅんぼく)の「画本手鑑(えほんてかがみ)」(享保5年刊)にも記載されている。土佐光起(みつおき)の門人という。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

正甫の関連キーワード土佐光祐土佐光親土佐光成土佐光則常行荒川養鉄大田朴円久慾雪林土佐光純

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

正甫の関連情報