武器形祭器(読み)ぶきがたさいき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

代表的なものとして青銅製の銅剣銅鉾銅戈 (どうか) など,弥生時代には武器をかたどった儀器・祭器と考えられるものが西日本を中心に分布している。これらは朝鮮半島や大陸から導入された当初は,鋭利な刃を持ち個人の威厳を示す実用武器として,墓の副葬品められたものが多いが,時期が下るとともに国産化が進行し,素材の銅質・鋳上がりが低下し,刃も厚く鈍くなる。最後には鋳放しのまま袋穂にも鋳型の土が詰まり,耳にも穴がなく,柄の装着さえ不可能になる。祭儀的なものとして祭りの場に立てられたものが,ついには呪術的・示威的な単なる御神体へ変化したものと推定できる。これらは集落から離れた丘陵斜面など,墓ではない場所に一括して埋納されており,共同体全体で保有されていた祭器と考えられている。なお武器型祭器には,青銅製のほかに石戈等石製のもの,木戈・木剣等木製のもの,角戈等骨角製のものなど,さまざまな素材が用いられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android