コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銅鉾 どうほこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

銅鉾
どうほこ

柄との接合部分が袋状になった,刺突を目的とする青銅の武器。銅矛とも書き,どうぼことも読む。中国や朝鮮,日本,インドシナなどに分布する。日本では弥生時代青銅器の代表的なものである。当初は大陸からの渡来品である穂が短く鋭利な狭鋒銅鉾が使用され,その後,穂が長大な非実用的な中鋒銅鉾や広鋒銅鉾が日本でつくられるようになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

どう‐ぼこ【銅×鉾/銅矛】

弥生時代青銅製の朝鮮半島製の武器は、北部九州で墓に副葬。日本製の多くは実用から離れた祭器。九州から中国・四国地方にかけて出土する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例