コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銅鉾 どうほこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

銅鉾
どうほこ

柄との接合部分が袋状になった,刺突を目的とする青銅の武器。銅矛とも書き,どうぼことも読む。中国や朝鮮,日本,インドシナなどに分布する。日本では弥生時代青銅器の代表的なものである。当初は大陸からの渡来品である穂が短く鋭利な狭鋒銅が使用され,その後,穂が長大な非実用的な中鋒銅鉾や広鋒銅鉾が日本でつくられるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

銅鉾の関連キーワード三雲・井原遺跡宇木汲田遺跡吉武遺跡群茶戸里遺跡高橋 健自塔の首遺跡菊池(市)鳥取(県)青銅器時代高知(県)熊本(県)香川(県)武器形祭器荒神谷遺跡安永田遺跡讃岐鋳造品板付遺跡金属工芸高橋健自日田盆地

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android