コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銅剣 どうけん

7件 の用語解説(銅剣の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

銅剣
どうけん

青銅製の剣。青銅器時代の最も普遍的な武器で,一部では鉄器時代にも使用された。最も古いものは古代エジプトメソポタミアのもので,剣の身と柄が別々につくられている。また東アジアでは,身と柄が一鋳されている中国系,スキタイ系の剣と,別々につくられ組合せるようになっている細形銅剣などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

どう‐けん【銅剣】

青銅製の剣。日本では弥生時代朝鮮半島製の短剣が入り、実用の武器としても使用。日本製のものはしだいに実用を離れて祭祀(さいし)・儀式に用い、土中に埋納した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

銅剣【どうけん】

青銅製の両刃,刺突用の武器。西南アジア,中国で古代に広く用いられた。日本の弥生(やよい)時代のものは,大陸から輸入された実用的利器と,刃が鈍く扁平でもっぱら祭器として使用された国産品の2種類がある。
→関連項目青銅器

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

防府市歴史用語集の解説

銅剣

 青銅[せいどう]で作られた剣で、弥生時代に北部九州に伝えられました。他の青銅で作られた武器と同じように、お祭り用の道具へと変わっていきます。

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

どうけん【銅剣】

刺突と斬撃のための両刃の武器。権威や宗教的な象徴としての機能もあった。
ヨーロッパ西アジア
 銅剣とはいえ,ほとんどの材質は青銅である。もっとも銅剣のはじまりはすでに銅器時代の末期にみられる。ハンガリーユーゴスラビアにおけるブチェドールVučedol文化に属するものである。これらは剣身の元部に短い茎(なかご)がつき,ここに別材の柄(把)(つか)を目釘でとめたり,紐で緊縛するなどして固定する形の短剣である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

どうけん【銅剣】

青銅製の剣。日本では弥生時代につくられ、両刃で中央に鎬しのぎがあり、その両側に溝がある。実用の武器から、儀礼・祭祀用の祭器へ変化した。 → 銅戈どうか銅鉾どうほこ

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

銅剣
どうけん

青銅製の剣。柄(え)を共鋳した有柄(ゆうへい)式のものと、柄をつけて使用する無柄式または有茎式のものに大別できる。中国では西周時代に有茎式の銅剣が出現するが、春秋戦国時代には有柄式銅剣が使用された。紀元前一千年紀前半期には、中国東北地区から朝鮮半島に及ぶ広い地域で、有茎式の遼寧(りょうねい)式銅剣(=曲刃剣、琵琶(びわ)形短剣)が使用された。前3世紀ごろには、遼寧式銅剣から派生した細形銅剣が朝鮮半島でつくられ始めた。日本には弥生(やよい)時代前期末ごろ朝鮮から細形銅剣が舶載されたが、同中期中ごろには日本でも銅剣が製作され始めた。当初は舶載の銅剣に似たものがつくられていたが、しだいに大形化し、実用を離れ、祭器と化した。銅剣は、剣身の大きさによって、細形、中細形、中広形、平形(広形)の四類に分けられる。細形銅剣のうちの大部分は舶載であるが、なかには(ぼうせい)(中国製のものを模倣して国産化)のものもあろう。中細形より大きいものは、みな製である。銅剣の製作は北部九州のみならず、瀬戸内沿岸や大阪湾沿岸でも製作され、各地に地域色の強い銅剣が分布している。1984年(昭和59)、島根県荒神谷(こうじんだに)遺跡から358本の中細形銅剣が一括して発見された。[田村晃一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の銅剣の言及

【刀剣】より

…したがって刀剣といった場合,広義には打物武器を汎称するものであり,剣,大刀(たち),太刀(たち),脇指(わきざし),短刀などのことをいい,そのほか槍(やり)や薙刀(なぎなた)なども含まれる。日本では弥生時代に銅剣が用いられ始め,古墳時代初期には鉄剣と鉄刀の両方が存在し,後期ではほとんど鉄刀だけとなる。それらはすべて反りのない直刀であって,反りのついたいわゆる日本刀が完成されるのは,平安時代中期ころのことである。…

※「銅剣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

銅剣の関連キーワードガンサ鈴釧青銅貨茶鐺銅製刀布風鐸燐青銅金銅製飾沓

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

銅剣の関連情報