武市健人(読み)たけち たてひと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武市健人 たけち-たてひと

1901-1986 昭和時代の哲学者。
明治34年5月1日生まれ。東北帝大講師をへて昭和23年神戸大教授。のち大阪経法大教授。ヘーゲル論理学にもとづく史的唯物論研究で,戦後のマルクス主義に影響をあたえた。昭和61年2月16日死去。84歳。高知県出身。東北帝大卒。著作に「ヘーゲル論理学の世界―その資本論への連関」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android