コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武村益友 たけむら えきゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武村益友 たけむら-えきゆう

?-? 江戸時代前期-中期の俳人。
大坂の人。高滝以仙門人。延宝7年(1679)の「一日独吟千句」をはじめ,「ぬれがらす」「大坂十歌仙各盞(めいめいさかずき)」などを刊行。元禄(げんろく)のころは雑俳点者として活躍した。通称は清左衛門別号に万海,一灯軒,曳尾堂。姓は竹村ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

武村益友の関連キーワード益友俳人

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android