コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高滝以仙 たかたき いせん

美術人名辞典の解説

高滝以仙

俳人。通称正左衛門、名は正之、法号以仙・益翁・梅風軒。大阪の人。慶長10年生。貞門時代から談林時代にかけての大阪俳壇の長老。編著に『落花集』『ぬれがらす』等がある。歿年不詳。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高滝以仙 たかたき-いせん

1605-? 江戸時代前期の俳人。
慶長10年生まれ。和泉(いずみ)(大阪府)堺(さかい)の人。貞門の鶏冠井令徳(かえでい-りょうとく)にまなび,のち西山宗因に傾倒,談林派として大坂俳壇で活躍。初姓は山崎。名は安之,正之。通称は正左衛門。別号に益翁,見独子,梅風軒。編著に「落花集」「難波千句」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

高滝以仙の関連キーワード武村益友俳人

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android