武烈大王陵(読み)ぶれつだいおうりょう(英語表記)Muyǒl-ta-wang rǔng

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

韓国慶尚北道慶州市西部にある新羅統一時代の古墳。7世紀のもので,直径約 30mの円墳で周辺に自然石を並べて根固めしている。陵の正面に巨大なの石造彫刻があり,そのに立てられてあった石碑に「太宗武烈大王之碑」の文字が2行に刻されている。慶州市周辺の王陵のなかで被葬者を確認できる唯一のものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ぴえん

悲しみの涙や嬉し泣きを表すネットスラング。「ピエーン」と声を上げながら泣いている様子を表す顔文字が語源とされ、軽い調子の文章で用いられる。女子中高生を中心にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android