コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武烈大王陵 ぶれつだいおうりょうMuyǒl-ta-wang rǔng

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

武烈大王陵
ぶれつだいおうりょう
Muyǒl-ta-wang rǔng

韓国慶尚北道慶州市西部にある新羅統一時代の古墳。7世紀のもので,直径約 30mの円墳で周辺に自然石を並べて根固めしている。陵の正面に巨大な亀の石造彫刻があり,その背に立てられてあった石碑に「太宗武烈大王之碑」の文字が2行に陽刻されている。慶州市周辺の王陵のなかで被葬者を確認できる唯一のものである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

武烈大王陵の関連キーワードキョンジュ(慶州)市慶州古墳群

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android