コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武田信勝 たけだ のぶかつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武田信勝 たけだ-のぶかつ

1567-1582 織豊時代の武将。
永禄(えいろく)10年生まれ。武田勝頼の長男。織田信長の軍に攻められ,父とともに天正(てんしょう)10年3月11日自害した。16歳。幼名は武王丸。通称は太郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

武田信勝

没年:天正10.3.11(1582.4.3)
生年:永禄10(1567)
戦国時代の武将。勝頼の長男。母は織田信長の養女で美濃国苗木城(岐阜県中津川市)城主遠山勘太郎の娘,信長の姪に当たる。幼名は武王丸,通称太郎。天正10(1582)年信長の甲斐侵攻に際し,父勝頼と共に新府城(韮崎市)を捨てて逃亡するが,追い詰められ山梨郡田野(東山梨郡大和村)で自害した。『甲陽軍鑑』は,祖父信玄が死に臨んで「信勝が16歳になったら家督を相続させよ,なおそれまでは勝頼を当主に準じて扱うよう」遺言したと伝えている。

(堀内亨)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

武田信勝の関連キーワード三浦義同無為信没年

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android