武甲県立自然公園(読み)ぶこうけんりつしぜんこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

武甲県立自然公園
ぶこうけんりつしぜんこうえん

埼玉県西部,秩父盆地南部の山地および丘陵地を含む自然公園。面積 154.62km2。 1957年指定。武甲山 (1295m) を中心に,西麓には橋立鍾乳洞,秩父観音札所第 28番の橋立堂,旧石器時代の岩かげ遺跡および浦山峡谷がある。武甲山の北側には秩父観音札所第4番の金昌寺があり,慈母観音ほか 1300余体の石仏で有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android