コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武蔵曲 むさしぶり

世界大百科事典 第2版の解説

むさしぶり【武蔵曲】

俳諧撰集。大原千春(ちはる)編。1682年(天和2),寺田重徳刊。半紙本1冊。書名は編者の句〈流石(さすが)にをかし桜折ル下女の武蔵ぶり〉により,江戸の新しい俳風の意。京都から江戸へ下った編者が,風交のあった諸家の四季発句,歌仙・百韻各1巻,および独吟歌仙1巻を集めたもの。本書は,《次韻(じいん)》から《虚栗(みなしぐり)》にいたる天和調を知るうえで甚だ貴重であり,また芭蕉たちの俳風に同調した編者の姿勢がうかがえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

武蔵曲の関連キーワードクライアーシャルルボア増田与兵衛鉄眼イワン5世ピョートル1世(大帝)井原西鶴浮世草子楠流智積院

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android