コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武蔵曲 むさしぶり

1件 の用語解説(武蔵曲の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

むさしぶり【武蔵曲】

俳諧撰集。大原千春(ちはる)編。1682年(天和2),寺田重徳刊。半紙本1冊。書名は編者の句〈流石(さすが)にをかし桜折ル下女の武蔵ぶり〉により,江戸の新しい俳風の意。京都から江戸へ下った編者が,風交のあった諸家の四季発句,歌仙・百韻各1巻,および独吟歌仙1巻を集めたもの。本書は,《次韻(じいん)》から《虚栗(みなしぐり)》にいたる天和調を知るうえで甚だ貴重であり,また芭蕉たちの俳風に同調した編者の姿勢がうかがえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

武蔵曲の関連キーワード荒井千春仏仙今泉千春続明烏其雪影虚栗奥田千春高島千春三浦千春渡辺千春

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone