コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

俳風/誹風 ハイフウ

デジタル大辞泉の解説

はい‐ふう【俳風/×誹風】

俳諧の流儀・風体(ふうてい)。俳句の作風。「蕉門(しょうもん)の―」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

俳風/誹風の関連キーワード与謝蕪村(1716~83)川柳(4代)談林十百韻オランダ流蕪村七部集天明俳諧貞門俳諧岩間乙二服部嵐雪元禄俳諧談林俳諧田代松意中川乙由夏目成美広瀬惟然早野巴人蕉風俳諧武蔵曲化鳥風貞門風

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android