コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虚栗 ミナシグリ

世界大百科事典 第2版の解説

みなしぐり【虚栗】

俳諧撰集。其角編。1683年(天和3),京都西村市郎右衛門板。自序,芭蕉跋。半紙本2冊。上巻は改正(春)に発句(ほつく)213と歌仙巻,三つ物(みつもの)6,改夏に発句113と歌仙2巻,25句1巻を収め,下巻は改秋に発句101と歌仙2巻,上冬に発句81と歌仙3巻を収める。発句中には,素堂の荷興10句,宗因,嵐雪,其角による三夕(さんせき)の発句,嵐朝,芭蕉,嵐雪の漢和聯句(かんなれんく)の重陽三句などが,四季の趣向に応じて配されており注目される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

みなしぐり【虚栗】

俳諧撰集。二冊。榎本其角編。1683年刊。蕉門の発句・歌仙などを四季別に収める。漢詩漢文調の作風は虚栗調・天和調と呼ばれ、貞享(1684~1688)の新風体への過渡的役割を果たした。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

虚栗
みなしぐり

俳諧撰集(はいかいせんしゅう)。二冊。其角(きかく)編。1683年(天和3)刊。題名は其角の発句(ほっく)「凩(こがらし)よ世に拾はれぬみなし栗」による。上巻は春・夏の発句220余、歌仙四巻、25句一巻を収め、下巻は秋・冬の発句180余、歌仙五巻等を収録。作者は芭蕉(ばしょう)、其角、嵐雪(らんせつ)、才丸(さいまろ)、一晶(いっしょう)、杉風(さんぷう)、素堂、似春(じしゅん)ら江戸蕉門を主とする人々や、京の信徳、千春、秋風、大坂の宗因(そういん)らが入集(にっしゅう)。俳風は「憶(おも)老杜(らうと)/髭(ひげ)風吹て暮(ぼ)‐秋(しう)歎誰子 芭蕉」「詩あきんど年を貪(むさぼ)酒債哉(サカテかな) 其角/冬(とう)‐湖(こ)日暮(くれ)て駕(ノスル)馬鯉(こひ) 芭蕉」のごとく漢詩文調句が大半を占め、語調は難渋で完結せぬ表現のものが多い。こうした吟調は「虚栗調」または「天和(てんな)調」といわれ、談林(だんりん)俳諧を超越して蕉風に至る過渡期の俳風を顕著に示している。[雲英末雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

虚栗の関連キーワード芭蕉(俳人)竹ジュバン草壁挙白山岸半残内藤露沾飯島耕一本間松江榎本其角踞・蹲居堀麦水浮世絵漫ろ雨武蔵曲天和調麦水作風貞享偃鼠野坡露沾

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android