コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虚栗 ミナシグリ

4件 の用語解説(虚栗の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

みなしぐり【虚栗】

江戸前期の俳諧撰集。2冊。宝井其角編。天和3年(1683)刊。芭蕉および蕉門のほか、貞門談林に属する俳人の発句・歌仙などを収録。蕉風確立に至る過渡期の撰集。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

みなしぐり【虚栗】

俳諧撰集。其角編。1683年(天和3),京都西村市郎右衛門板。自序,芭蕉跋。半紙本2冊。上巻は改正(春)に発句(ほつく)213と歌仙巻,三つ物(みつもの)6,改夏に発句113と歌仙2巻,25句1巻を収め,下巻は改秋に発句101と歌仙2巻,上冬に発句81と歌仙3巻を収める。発句中には,素堂の荷興10句,宗因,嵐雪,其角による三夕(さんせき)の発句,嵐朝,芭蕉,嵐雪の漢和聯句かんなれんく)の重陽三句などが,四季の趣向に応じて配されており注目される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

みなしぐり【虚栗】

俳諧撰集。二冊。榎本其角編。1683年刊。蕉門の発句・歌仙などを四季別に収める。漢詩漢文調の作風は虚栗調・天和調と呼ばれ、貞享(1684~1688)の新風体への過渡的役割を果たした。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

虚栗
みなしぐり

俳諧撰集(はいかいせんしゅう)。二冊。其角(きかく)編。1683年(天和3)刊。題名は其角の発句(ほっく)「凩(こがらし)よ世に拾はれぬみなし栗」による。上巻は春・夏の発句220余、歌仙四巻、25句一巻を収め、下巻は秋・冬の発句180余、歌仙五巻等を収録。作者は芭蕉(ばしょう)、其角、嵐雪(らんせつ)、才丸(さいまろ)、一晶(いっしょう)、杉風(さんぷう)、素堂、似春(じしゅん)ら江戸蕉門を主とする人々や、京の信徳、千春、秋風、大坂の宗因(そういん)らが入集(にっしゅう)。俳風は「憶(おも)老杜(らうと)/髭(ひげ)風吹て暮(ぼ)‐秋(しう)歎誰子 芭蕉」「詩あきんど年を貪(むさぼ)酒債哉(サカテかな) 其角/冬(とう)‐湖(こ)日暮(くれ)て駕(ノスル)馬鯉(こひ) 芭蕉」のごとく漢詩文調句が大半を占め、語調は難渋で完結せぬ表現のものが多い。こうした吟調は「虚栗調」または「天和(てんな)調」といわれ、談林(だんりん)俳諧を超越して蕉風に至る過渡期の俳風を顕著に示している。[雲英末雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

虚栗の関連キーワード阿知子顕成其角堂永機仏仙五色墨猿蓑私撰集竹馬狂吟集俳諧七部集続明烏草壁挙白

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone