武雄の荒踊

デジタル大辞泉プラスの解説

武雄の荒踊

佐賀県武雄市の旧武雄藩内の3地区に伝わる民俗芸能。奴踊の一種で、高瀬の松尾神社、中野の八幡神社、宇土手の正一位神社で毎年9月に奉納される。「モッショ(猛将)」と呼ばれる指揮統制者と「カキ(垣)」と呼ばれるその他の踊り手により構成される力強い男踊。1977年、国の重要無形民俗文化財に指定。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android