高瀬(読み)たかせ

精選版 日本国語大辞典の解説

たか‐せ【高瀬】

[1] 〘名〙
① 川の浅い所。浅瀬。
※源氏(1001‐14頃)橋姫「橋姫の心をくみて高瀬さす棹のしづくに袖ぞぬれぬる」
② 「たかせぶね(高瀬舟)(一)」の。〔二十巻本和名抄(934頃)〕
※夫木(1310頃)三三「難波江にくだすたかせの越す棹に幾度起ちぬ鴨の群鳥〈登蓮〉」
③ (「たかぜ」) 海中の暗礁。佐渡地方でいう。
[2]
[一] 「たかせがわ(高瀬川)(一)」の略。
[二] (応神天皇が、高所から川の水が流れ落ちるのを見て名づけたと伝えられる) 古代、播磨国餝磨郡の地名。現在の兵庫県姫路市花田町にあたる。市川の右岸。
[三] 河内国茨田郡高瀬郷の地名。現在の大阪府守口市のあたり。
[四] 熊本県玉名市の地名。旧玉名郡高瀬町。菊池川の河口にあり、中世以降は河港高瀬津として知られた。

たかせ【高瀬】

姓氏の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高瀬
たかせ

香川県西部,三豊市中部の旧町域。三豊平野東部高瀬川上流域にある。東端大麻山,西に七宝山の開析された溶岩台地がある。 1955年上高村,勝間村,比地二村,二宮村,麻村の5村が合体して町制。 2006年山本町,三野町,豊中町,詫間町,仁尾町,財田町の6町と合体して三豊市となる。国市池,岩瀬池など,ため池が多く,チャ (茶) ,野菜,果樹栽培,畜産が行なわれる。国指定史跡の二ノ宮窯跡のほか,歓喜院の瓦窯跡などがある。爺神山 (とかみやま) は採石による山容の変化が著しい。大麻山一帯は瀬戸内海国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android