コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奴踊(り) ヤッコオドリ

世界大百科事典 第2版の解説

やっこおどり【奴踊】

民俗芸能。奴は江戸時代の武家の奴僕(ぬぼく)で,奴踊はその風俗をとり入れた芸能。風流踊をとり込んだ奴踊と,大名行列をまねた中で,奴の振りを演じるものとがある。おもに盆や祭礼に行われ,全国に広く分布する。大勢が奴の姿に着飾り,毛槍や唐団扇(からうちわ),長竿などを持って踊る所が多い。東京都西多摩郡日の出町では奴を少年が演じ,佐賀県武雄市のは荒踊(あらおどり)と称する手踊である。大名行列では毛槍や挟箱などを持って振り歩き,奴どうしで毛槍を投げ渡すなどの演技を見せる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

奴踊
やっこおどり

江戸時代の武家の下僕であった奴の姿に扮(ふん)して踊る舞踊。奴は義侠(ぎきょう)的な言行を誇り、伊達(だて)ぶりが人気をよんだが、その風俗などを題材とする踊りで、歌舞伎(かぶき)舞踊と民俗芸能の風流(ふりゅう)系の舞踊との二種類がある。歌舞伎舞踊では、元禄(げんろく)(1688~1704)ごろ成立の毛槍(けやり)を担ぐひげ奴(やっこ)を描写した『馬場先(ばばさき)踊』を嚆矢(こうし)として、以後『関三(せきさん)奴』『大津絵(おおつえ)奴』(以上槍踊物)、『奴丹前(たんぜん)』(丹前物)、『ひげ奴』『うかれ奴』『供(とも)奴』(変化(へんげ)物)など多くの「奴物(やっこもの)」がつくられた。民俗芸能では、「奴踊」のほか「鳥毛振り」「大名行列」などの名でよばれ、祭礼や盆のおりに集団で踊り、神幸(しんこう)祭のお練りに供奉(ぐぶ)したりで、全国的に散在する。岩手県北上(きたかみ)市の「立花(たちばな)の奴踊」は毛槍の踊り、佐賀県武雄(たけお)市の「荒踊(あらおどり)」は手踊り、岡山県笠岡(かさおか)市の盆踊り「白石(しらいし)踊」は御殿女中と混成の踊り、東京都西多摩郡日の出町の「奴舞」は少年の踊り、とさまざまであるが、奴の六方(ろっぽう)(独特な歩き方)ぶりは基本的に共通している。静岡県榛原(はいばら)郡吉田町の「大奴」や徳島県鳴門(なると)市の「葛城(かつらぎ)神社のお練り」は大名行列式で、奴が鳥毛や挟箱(はさみばこ)の曲振りを見せる。「奴歌」を伴うこともある。[西角井正大]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

奴踊(り)の関連キーワード宇土手の荒踊高瀬の荒踊武雄の荒踊中野の荒踊碁盤人形民俗芸能柴垣踊奴物駒踊

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android