コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奴踊(り) ヤッコオドリ

3件 の用語解説(奴踊(り)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

やっこ‐おどり〔‐をどり〕【奴踊(り)】

民俗芸能の一。2の姿に扮(ふん)し、素手や毛槍・さおを持って踊るもの。歌舞伎舞踊にもある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

やっこおどり【奴踊】

民俗芸能。奴は江戸時代の武家の奴僕(ぬぼく)で,奴踊はその風俗をとり入れた芸能。風流踊をとり込んだ奴踊と,大名行列をまねた中で,奴の振りを演じるものとがある。おもに盆や祭礼に行われ,全国に広く分布する。大勢が奴の姿に着飾り,毛槍や唐団扇(からうちわ),長竿などを持って踊る所が多い。東京都西多摩郡日の出町では奴を少年が演じ,佐賀県武雄市のは荒踊(あらおどり)と称する手踊である。大名行列では毛槍や挟箱などを持って振り歩き,奴どうしで毛槍を投げ渡すなどの演技を見せる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

奴踊
やっこおどり

江戸時代の武家の下僕であった奴の姿に扮(ふん)して踊る舞踊。奴は義侠(ぎきょう)的な言行を誇り、伊達(だて)ぶりが人気をよんだが、その風俗などを題材とする踊りで、歌舞伎(かぶき)舞踊と民俗芸能の風流(ふりゅう)系の舞踊との二種類がある。歌舞伎舞踊では、元禄(げんろく)(1688~1704)ごろ成立の毛槍(けやり)を担ぐひげ奴(やっこ)を描写した『馬場先(ばばさき)踊』を嚆矢(こうし)として、以後『関三(せきさん)奴』『大津絵(おおつえ)奴』(以上槍踊物)、『奴丹前(たんぜん)』(丹前物)、『ひげ奴』『うかれ奴』『供(とも)奴』(変化(へんげ)物)など多くの「奴物(やっこもの)」がつくられた。民俗芸能では、「奴踊」のほか「鳥毛振り」「大名行列」などの名でよばれ、祭礼や盆のおりに集団で踊り、神幸(しんこう)祭のお練りに供奉(ぐぶ)したりで、全国的に散在する。岩手県北上(きたかみ)市の「立花(たちばな)の奴踊」は毛槍の踊り、佐賀県武雄(たけお)市の「荒踊(あらおどり)」は手踊り、岡山県笠岡(かさおか)市の盆踊り「白石(しらいし)踊」は御殿女中と混成の踊り、東京都西多摩郡日の出町の「奴舞」は少年の踊り、とさまざまであるが、奴の六方(ろっぽう)(独特な歩き方)ぶりは基本的に共通している。静岡県榛原(はいばら)郡吉田町の「大奴」や徳島県鳴門(なると)市の「葛城(かつらぎ)神社のお練り」は大名行列式で、奴が鳥毛や挟箱(はさみばこ)の曲振りを見せる。「奴歌」を伴うこともある。[西角井正大]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奴踊(り)の関連キーワード小寺融吉女舞奴僕ねい武家方武家時代民俗芸能・民俗藝能郷土芸能古典芸能本田安次

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone