コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武霊王[趙] ぶれいおう[ちょう]Wu-ling-wang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

武霊王[趙]
ぶれいおう[ちょう]
Wu-ling-wang

中国,戦国時代の王 (在位前 325~299) 。中山国を滅ぼし,北方民族と抗争,大いに国威を宣揚した。北族の風習を採用した (胡服騎射) 物語は名高い。晩年,位を子の恵文王に譲り,みずから主父と号し,北地を征し,をうかがわんとしたが,公子章 (王の長子) の乱に巻込まれ,李兌らに攻囲されて沙丘宮 (河北省平郷) に餓死した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

武霊王[趙]の関連キーワードアレクサンドリア[古代]破棄差戻しエウセビオス[カエサレア]ネアルコス検査役東方正教会山鹿(市)香港特別行政区東京大空襲バクマン。

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone