アレクサンドリア[古代](読み)アレクサンドリア[こだい](英語表記)Alexandria, ancient

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アレクサンドリア[古代]
アレクサンドリア[こだい]
Alexandria, ancient

前334~前323年に,マケドニア王国アレクサンドロス3世(大王)が各地に築いた都市。(1) トロアスのアレクサンドリア 前334年ヘレスポントス(ダーダネルス海峡)入口に位置した古代都市トロイに建設。(2) キリキアのアレクサンドリア 前333年のイッソスの戦いのあと,今日のトルコイスケンデルン付近に建設。大王はペルシアのダレイオス3世にこの地で大勝した。(3) エジプトのアレクサンドリア 今日のエジプト第2の都市アレクサンドリア。大王のエジプト遠征直後,前332年に建設。ナイルデルタ(→ナイル川)西端に位置し,ヨーロッパと東方との海上交易の中心地となった。ギリシア・ローマ時代を通じ,ローマに次ぐ大都市として知られ,大王の遺体もここに葬られた。前304年にプトレマイオス1世ソテルがエジプトに王朝を樹立し,首都をここに移した。(4) アーリアのアレクサンドリア 前330年にアーリアに建設。今日のアフガニスタンヘラート。(5) アレクサンドリア・プロフタシア 前330年にアフガニスタンのヘルマンド川近くかあるいはファラーに建設。(6) アラコシア人のアレクサンドリア アラコシアはアフガニスタンの地方名。ガズニーあるいはカンダハールに前330~前329年に建設され,インドとの交易拠点だったが永続しなかった。(7) カウカッソスのアレクサンドリア 東アフガニスタンのカブール地方のカウカッソス(ヒンドゥークシ),異説ではパロパミススに前329年に建設。(8) エスカテのアレクサンドリア エスカテとはギリシア語で「最も遠い」の意。ソグディアナ地方に前329年に建設。大王の征服した最北東部の町。今日のタジキスタンホジェント。(9) オクソス川のアレクサンドリア アムダリア近く,今日のタジキスタンのドゥシャンベの南西部に前329年に建設。(10) マルギアナのアレクサンドリア 今日のトルキスタンメルブ。前327年に建設されたが,遊牧民によってまもなく滅ぼされた。(11) インダス川のアレクサンドリア 今日のパキスタンのウク。前325年にインダス川とチェナブ川などが合流する地点に建設。(12) ソグディのアレクサンドリア 前325年,インダス川流域の (11)より南部に建設。(13) ゲドロシアのアレクサンドリア 前325年に,バルチスターン地方,今日のパキスタンのベラに建設。(14) カルマニアのアレクサンドリア 前325年にイラン南東のグラシュキルドに建設。(15) ペルシア湾のアレクサンドリア 前324年に建設。前2世紀にセレウコス朝シリアのアンチオコス4世によって,アンチオキア(アンテオケ)と改名された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android