ポツダム政令(読み)ポツダムせいれい

百科事典マイペディアの解説

ポツダム政令【ポツダムせいれい】

ポツダム緊急勅令に基づいて発せられた命令(明治憲法下の勅令・閣令・省令,現行憲法下の政令府令・省令)のうちの政令。勅令は現行憲法施行と同時に政令と読み替えられた。警察予備隊令,公職追放令,物価統制令(以上勅令),団体等規正令占領目的阻害行為処罰令(以上政令)など。サンフランシスコ講和条約発効後ほとんど廃止されたが,出入国管理令,外国人登録令のように法律によって,法律として残されたものもある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ポツダムせいれい【ポツダム政令】

1945年9月20日の緊急勅令542号〈ポツダム宣言ノ受諾ニ伴ヒ発スル命令ニ関スル件〉に基づいて発せられた命令(勅令,閣令,省令)で,占領期特有の法体系である。同勅令は〈政府ハ“ポツダム”宣言ノ受諾ニ伴ヒ連合国最高司令官ノ為ス要求ニ係ル事項ヲ実施スル為特ニ必要アル場合ニ於テハ命令ヲ以テ所要ノ定ヲ為シ及必要ナル罰則ヲ設クルコトヲ得〉とされ,3年以下の懲役または禁錮以下の罰則を定め,即日施行された。同勅令に基づき,新憲法施行までの勅令はポツダム勅令,以後は政令となったのでポツダム政令という。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のポツダム政令の言及

【GHQ】より

…日本政府は1945年9月20日緊急勅令で〈ポツダム宣言の受諾に伴い発する命令に関する件〉を公布し,占領行政に関して法律に代わる勅令(いわゆるポツダム勅令)を出してGHQの指令を実施した。新憲法が施行された後は,ポツダム勅令に代わって政令(いわゆるポツダム政令)を出すことで占領政策に協力した。また政府はGHQの命令や指示を受ける連絡調整機関として終戦連絡中央事務局を設けたが,GHQの各部局は,直接関係の各省庁に対して強力な指導を行い,さらに新聞,放送をはじめとする民間の機関や団体に対しても指揮命令を行った。…

※「ポツダム政令」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android